• 草加東口歯科クリニックの症例
  • 草加東口歯科クリニックの症例

症例別治療説明

繰り返し根本の歯茎が腫れた歯の根の治療

主訴

初診時の口腔内
  • 「上の前歯の根元の歯茎が腫れたり落ち着いたりを繰り返している。」
  • 「今は腫れ落ち着いてるけどまた腫れるのではないか。」
  • 「他の歯医者さんで2~3か月前に根の再治療をしたけどあまりかわらない。」

と言う事で、当院にご来院された患者様の治療ケースです。

歯の色・形・歯並び等のお悩みなどございましたら、どうぞお気軽にご相談下さい。

初見

全体的な診査・診断の為にお口の中のお写真、全体的なお口の中のお写真を撮らせて頂きました。

写真をお撮りした時は、根元の腫れはない状態でした。上の前から二番目の歯が両側とも色が暗くなっています。神経を取ったのはずいぶん前というお話でした。神経を取った歯は、時間が経つと段々と色が暗く変色してきます。また、右上2番目の歯は歯並びの関係で歯が裏側の方に生えている為引っ込んで見えてしまい、その歯並びもやはり気になるというお話がありました。

初見レントゲン

次に全体的なお口の中の写真を撮らせて頂きました。この写真により、全体を大まかに確認する事ができます。

今回は患者様の主訴である前歯の部分のみの説明とさせて頂きますが、歯周病の進行状態や虫歯の有無、神経の治療がされてるかどうか、インプラントの状態等、診査診断を行う上で重要な写真になります。

写真の上の左右2番目の前歯は、歯の中が白く線のようにように見えています。神経のある歯は中が黒く見えるのですが、神経の治療をして代わりとなるお薬を詰めた歯は歯の中が白く見えます。そして、その根元の丸印の部分、黒く丸い部分が根の先に広がっています。

根の先に溜まった膿は徐々に骨を吸収しながら大きくなっていきます。写真の写りにより黒く見える時もありますが、基本的に骨のある部分は白く見えます。黒く見えているのは、根の先から溜まった膿により段々骨がなくなってしまっていることからこのように黒く見えています。

歯茎が腫れるのは歯茎周りが汚れにより腫れてしまう場合もありますが、今回の歯茎の腫れは治療した根の中がまだ汚れていて、根の先に膿が溜まってしまって歯茎が腫れてしまった可能性があります。

根管治療(歯の根の治療)

根管治療

まず当院で、歯の根の中をもう一度しっかりと治療=根管治療をさせて頂きました。

腫れはご自身の免疫力に影響しているので、腫れたり腫れなかったりを繰り返してしまいますが、今回のように根の先に病巣(丸印部分)がある場合、仮に腫れが引いたとしても、それは残念ながら治ったことにはなりません。むしろ時間が経って病巣が大きくなると、さらに腫れが大きくなってしまいます。

汚れているのが根の中の場合、しっかりと根の中をきれいにしてあげる事で根の先の病巣部分は病因(汚れ)がなくなり、自身の免疫力により吸収していた骨も元に戻ってくる事が可能です。

似たような根の先に病巣がある場合でも、例えば根の治療をして痛みがなくなったから最後まで治療する前にそのままにしてしまった場合等は、汚れが根の中を通って、根の先の外側についてしまう事があります。この場合は根の中をどんなに綺麗にしても、中から外側まで綺麗にすることは難しいため、何度根の治療をしても治りが悪い、治らない事があります。

また、根の先には細かい木の枝のような神経が張り巡らされていて、その部分が原因になっている場合も、根の中を綺麗にする器具が届きづらく、治りが悪い、治らない事があります。

このような場合は、根の中の治療ではなく、外科的に汚れている原因部分を取ってあげる事で病因を取り除く必要があります。
(外科的歯内療法に関しては、今回は詳しい説明を省略させて頂きます。)

まずは現在入っていた根のお薬をすべて取り除き、根の中にお薬が届きやすいように汚れている部分を広げていきます。お薬を取った時点で溜まった膿が中から滲んできていたので、根の中の周りを広げながら根の中を綺麗にするお薬と超音波で根の中を綺麗に洗浄します。根の中にお薬をいれ、しっかりとふたをし、何度か治療をさせて頂きました。

痛みや腫れが治療中全くでなかった事を確認した上で、根の治療中根の先から膿が滲んでこない、綺麗な状態である事を確認した上で根の中に神経代わりのお薬を入れます。

根管治療経過

歯周病治療

根の治療が終わった時に撮影したのが左側です。

根の中の周りの汚れを綺麗にするため広げているので、最初のパノラマ写真より白い部分が太くなっています。そして根の先には膿が溜まっていた部分が黒くはっきりと見えています。

神経の治療をした歯は、神経のある歯と比べるともろくなってしまうので、広げすぎると折れやすくなるので、汚れがないように必要な分だけ広げていきます。再治療を繰り返すと根が薄くなっていってしまうので、しっかりと再治療ができるだけないように根の治療をされた方がいいと思います。

そうならない為にも、歯周病の治療と予防はたいへん重要です。

右側の写真は根の治療が終わった後2カ月後の写真です。

2カ月の間一度も腫れる事はありませんでした。黒い丸の部分の中が少し白くもやもやしているのが見えると思います。病因(根の中の汚れ)がなくなった事により、病巣が自身の免疫力により小さくなっています。さらに時間が経てば黒い部分はさらになくなってきます。

今回は、腫れのでやすかった左上の写真のみ挙げさせてい頂きましたが、反対側の前歯も同様に根の再治療をしております。

これで患者様の1番の主訴である歯茎の腫れは治す事ができました。

》審美治療、治療経過へ

草加東口歯科クリニック

〒340-0015
埼玉県草加市高砂2-11-20 真壁ビル3F

048-921-0808

東武スカイツリーライン 草加駅 東口 徒歩3分

診療時間 日祝
10:00~13:00
14:00~18:00

○:火・水・金曜日は外来歯科診療日
訪:訪問歯科診療日(電話は通じます。)
休診日:土曜、日曜、祝日
健康保険:保険診療、健康保険各種対応
新患・急患、随時受付

【駐輪場のご案内】
クリニックのあるビル周りの路上駐輪は禁止されております。自転車でご来院の患者様は、市営駐輪所をご利用下さい。

【駐車場のご案内】
泉パーキングが最寄りの駐車場になります。お車でご来院の患者様は、こちらをご利用下さい。医院受付に駐車券をお出し頂ければ、回数券をお渡し致します。

診療科目

一般歯科(虫歯・歯周病・義歯等)、小児歯科、審美歯科、ホワイトニング、予防歯科、クリーニング、訪問歯科診療 等

草加東口歯科クリニック